スポンサードリンク

Top >  美容 >  にきびの治し方

にきびの治し方

にきびの原因。
にきびについて。
にきび治し方をご紹介します。

にきびとは●

にきびとは、顔や上半身の胴体の皮膚にできる吹き出もの。

にきびは、ホルモンと皮脂、細菌の相互作用によって
毛包が炎症を起こすとできます。
にきびがよくできる部位は、顔、胸の上部、肩、背中。

軽症のにきびは表面的なもので、非炎症性の黒にきびや、
症状の軽い小さな吹き出ものがいくつかできる程度です。
にきび治し方をご参考に。

黒にきびは、普通の色をした皮膚がわずかに腫れた部分の中心に、
黒い小さな点がぽつんと見えます。
普通の赤いにきびは、皮膚が小さな円状に赤くなった
その真ん中に白い芯があり、少し不快な感じがします。
根の深いにきびや嚢胞のような重症のにきびでは、
赤くて痛みを伴う、膿の詰まったかたまりが多数できます。
皮膚の下でこれがいくつも一緒になり、
大きなじくじくした膿瘍を形成することもあります。

にきびの原因●

にきびは、毛包に乾いた皮脂や死んだ皮膚細胞、
細菌などが詰まってしまい、皮脂が毛穴から外に
出てこられなくなったためにできます。

毛穴が完全にはふさがっていなければ黒にきびができ、
完全にふさがっている場合は白にきびができます。
アクネ桿菌(かんきん)は健康な人の毛包内にも
生息している細菌ですが、毛包に皮脂が詰まってふさがると、
この細菌の過剰な増殖を招きます。
この細菌は皮脂を分解し、皮膚に刺激を与える物質を生じます。
その結果生じる炎症と感染が、吹き出もの、
すなわちにきびを引き起こします。
感染がひどくなると膿瘍が形成され、
これが皮膚の中で破裂すると炎症、にきびがさらに悪化します。

にきびは思春期によくできます。
思春期にはホルモン、特にテストステロンなどの
男性ホルモンの濃度が増加して脂腺が刺激され、
皮脂の分泌量が多くなるからです。

20代前半から半ばにかけてホルモンの産生が安定すると、
通常はにきびも消えます。
ホルモン量が変化するその他の状態でも、
にきびができることがあります。

たとえば若い女性の場合、月経の周期に伴って
にきびができたり消えたりしますし、
また妊娠中には悪化することがあります。

化粧品の使用も毛穴を詰まらせて、
にきびを悪化させる場合があります。

にきびの治し方●

にきび治し方ですが・・・

にきび治し方は、できた部位を、
日に数回刺激の少ないせっけんを使って洗います。
抗菌せっけんやスクラブ入りせっけん、アルコール綿の使用や、
頻繁にごしごし洗うことは
にきび治し方に効果がないだけでなく、
皮膚を刺激してしまいます。

にきび治し方で、化粧品は、水分が主体のものにすべきで、
油分の多い製品はにきびを悪化させます。

特に食事の制限はありませんが、
健康でバランスの良い食生活をすることが、
にきび治し方としてはとても重要になります。


軽症のにきび治し方には、皮膚に塗る局所用薬を用います。
これらの薬には細菌を殺したり、にきびを乾かしたり、
毛穴の詰まりを取る作用があります。

スポンサードリンク

美容

美容関係のお役立ち情報について、ご紹介いたします。お体、お肌、綺麗になるための情報など。

関連エントリー

背中ニキビを治す
頬のたるみ改善
顔のシミ取り(しみ取り)情報
おでこのしわ取り情報
レーザー脱毛の口コミ情報
美顔機、美顔器の口コミ比較
簡単ネイルアートデザインガイド
目の下のたるみ取り
あごのたるみ解消法
首のたるみケア
シミ取り対策
リフトアップして若返りたい
目の下のくまを解消
しわ たるみ対策
アダルトにきび治療
にきびの治し方


スポンサードリンク
カテゴリー

免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。