スポンサードリンク

Top >  美容 >  顔のシミ取り(しみ取り)情報

顔のシミ取り(しみ取り)情報

シミの原因は何でしょうか?
シミ取りについて。
シミを消すにはどうすれば。
シミ取りしみ取り)でシミを消す方法をご紹介いたします。

シミについて、しみの種類

顔のシミ(しみ)の種類は?

・雀卵斑(じゃくらんはん)
そばかす(ソバカス)の事です。
顔、手、背などに思春期頃から目立つ粟粒大の褐色斑。

・肝斑(かんぱん)
顔の頬や眼の下などに左右対称にみられる薄茶褐色のシミです。
ホルモンバランスのくずれや
不適切なマッサージなどが原因でできるしみと言われています。
妊娠に伴い出来るものもあるしみです。

・老人性色素斑
老化現象による老人性シミです。
円形のことが多く、顔の他、手の甲などにも
出現することもあるしみです。
老人性と言っても、20代から出現することもあり、
紫外線を多く浴びることでできやすいシミです。

・大田母斑
生後間もなくか青年期にできるシミ。
顔面の眼周囲にできることの多い褐青色斑。
遅発性大田母斑様色素斑は、
中年以降の女性に左右対称性にできます。
色素が、皮膚の比較的深い真皮にあり青く見えます。

・炎症後色素沈着
火傷、傷などの跡が色素沈着をおこしてできるシミです。

シミの原因

顔にできるシミの原因とは何でしょうか?

・顔のシミができる原因の1番は紫外線です。
紫外線を浴びると、肌は奥まで届かせないように
メラニン色素を出します。
この色素が肌に残って、しみとなってしまいます。

・化粧品の油性原料による油やけが原因でできるシミ。

・体内ホルモンの失調によるシミ。

・その他にしみの原因は
ストレス・疲れ・偏食・たばこ・不適切な洗顔・不規則な生活など
様々な原因で顔のしみできてしまいます。
日常生活を規則正しくすることが大事です。

シミ取り、シミを消す方法

シミを消すには、シミ取りの方法は?

・皮膚科、美容外科などでのレーザー治療での顔のしみ取り
シミ取りをして、シミを消すところのみに作用し、
健康な皮膚を傷つけることのないレーザーシステム。
シミの持つ色素のみに反応する波長のレーザー光を使用します。
これは表皮・真皮に影響を与えることなく
顔のシミとりをしてシミを消すことが可能です。


・皮膚科、美容整形などでのケミカルピーリングでの顔のシミ取り
蓄積された古い角質を、自然界のフルーツ酸である
AHA(アルファハイドロキシ酸)によって
やさしくピーリング(はく離)して、
新しい細胞への生まれ変わりを促進します。
肌のトラブルを解消して、若々しい素肌を取り戻します。
ケミカルピーリングで顔のシミ取りをして
しみを消す事が可能です。

顔のシミ取りの予防、対策、ケア

・紫外線対策によるシミ取り対策
潜在シミを表面化させないためにも、
そして、できたシミをそれ以上目立たせないようにするためにも、
欠かせないのは紫外線対策による、シミ対策です。

特に、紫外線量がピークとなる正午頃はしみ対策で要注意。

戸外へ出るときは帽子や日傘、サングラスなどで
紫外線予防、しみ予防対策をしてください。


・食事によるしみのケア
規則正しい食生活。
肌の弾力や潤いを保つコラーゲンを含む食物を積極的に摂る。
ケーキやジュース類などの糖分を控えるようにしましょう。


・睡眠によるしみ対策
十分な睡眠を取ることは、シミ以外にも重要です。


・刺激
強くこするなどの強い刺激を肌に与えない。
優しい洗顔を心がけましょう


・ストレスをためない


・保湿によるシミ取り
たっぷりの保湿と美白化粧品などによるシミケアをする。


これらの方法をご参考に、
シミ取りしみ取り)で、顔のシミを消す対策を。

スポンサードリンク

美容

美容関係のお役立ち情報について、ご紹介いたします。お体、お肌、綺麗になるための情報など。

関連エントリー

背中ニキビを治す
頬のたるみ改善
顔のシミ取り(しみ取り)情報
おでこのしわ取り情報
レーザー脱毛の口コミ情報
美顔機、美顔器の口コミ比較
簡単ネイルアートデザインガイド
目の下のたるみ取り
あごのたるみ解消法
首のたるみケア
シミ取り対策
リフトアップして若返りたい
目の下のくまを解消
しわ たるみ対策
アダルトにきび治療
にきびの治し方


スポンサードリンク
カテゴリー

免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。